home goods add reg Island gall link blog

大荒れが続いてます。

昨晩からの南東の強風そして大荒れの天気が続いており、切石港は台風前のようなうねりと波が押し寄せております。

その為、本日上りのフェリーとしまは、急きょ西側にある元浦港に接岸を変更したため、
朝からバッタバタでした。

昨夜の切石港には堤防泊まり組が何名かいらっしゃいましたが、強風土砂降りの中での元浦移動はかなり困難で、
車もなければ重量物の荷物も移動できません。

そこで、この時期キャンプ場管理人と勝手に名乗るのウエマー師匠と共に2台の車を使ってタックルやクーラーボックスなどピストン輸送。
※本当のキャンプ場管理人である民宿「御岳」のおっちゃんから、管理人を委託されてるという噂もある。

また、民宿「浜原荘」の名物女将すみこさんの協力も得て民宿の倉庫を休憩所として提供してもらい、
どうにかみなさんをお見送りする準備ができました。

そしてかなり遅れてフェリーが入港。

たくさんのアングラーを乗せて大しけの海へ鹿児島向け出航して行きました。

釣れた人、釣れなかった人、強風と豪雨でへこたれた人、雨ガッパさえ持ってこなかった今話題の「うっちゃん」みなさん、大変お疲れ様でした。

また、さらなるサイズアップ、リベンジ目指して島においで下さい。

さて、イベントも来週に迫ってきて準備も最終段階です。
天候がかなり気になるところではありますが、
事故怪我の無いよう参加者様の安全に十分気を付けて盛り上がって行きたいですね。


雨に濡れたせいか風邪をひいてしまい熱も少しあるようで体調がすぐれません。
私の管理人でもあるウエマー師匠に「顔が疲れてますよ!切石は釣りできそうにないし今夜はゆっくり休んでくださいね」と、
涙がちょちょギレそうなこと言われたので今夜はおとなしく寝ると見せかけて、
あいつより先に釣ってやろうと思います。
大物をゲットするにはまず身内から・・・・これ鉄則です。

おそらく切石は濁りがひどく釣りにならないので元浦にかけるしかないでしょう。
満潮が夜7時過ぎ、少しですがトビが居るような様子なので、
下げ始め1時間あたりが攻めどころかもしれません。
今日の降水量はかなり多いでの元浦へ流れ込む雨の濁りと水温の低下が気になりますが、
恐ろしく潮が入り込むことがある元浦港なので、濁りと低温の雨水が押し出され、
1〜2時間で状況がパッと変わることも十分考えておかなければなりません。

安定の切石と比べるとイリュージョン元浦的なポイントでしょうか?


最後に、今年は夜がかなり寒いです。
例年だと、短パンTシャツでやれる時期ですがここ最近、夜は急に冷え込みます。
昨夜はそれに加え雨、強風でみなさん大変でした。

雨対策はもちろん、寒さ対策と多めの着替えは必要かと思います。


満員御礼

今日のフェリーで諏訪之瀬に上陸したアングラーはざっと20人強

ほとんど知り合いでそのうち半分が友達。

さて今夜はどんなドラマがこれから起こるのか楽しみです。

オレ的には


なことが起きたら面白いかな?

ちまたで話題の「うっちゃん」
1週間ぶりにまた来島です(とうとうハマったみたい)


そんなところに、北埠頭を視察中である、本日、神奈川からわざわざお越しのウエマー師匠から入電。

夕方現在、すでに堤防先端とフェリー乗り場下の段の堤防にもうアングラーがいるって。


今夜の結果は後ほど追記したいと思います。

追記1 島の人はいい人達だなぁ〜。釣り客多いから網入れないってさ。

    アングラーで貸切です。

追記2 夜になって北東の強風と雨が降る大荒れの天気となりましたが、
    北埠頭で1本、堤防先端から1本上がったようです。
    体力と気力を奪う最悪の状況の中で、
    それにも負けず獲った方の気合と根性はすごいですね。

今夜も大荒れなのでお休みってところでしょうか



不発に終わる

潮が悪いのか、トビが港内に入ってこないです。


快晴なので月がないのに満点の星空は逆に明るすぎる。


これじゃ活性も上がらない。


干潮になりいよいよ海がシーーーーーンしてきたので、


釣りは終了。








明日、早朝5時起きで牛の人工授精やるんで今日は寝ます。








私の本職は牛飼いです。


替え歌職人ではございません。



どうもあきらめきれず3時半に起床!

眠いきついからだ痛い。

そして再び堤防へ・・・

3つのトビ網確認するとそれぞれ100尾ないほどしか刺さってない。

あまりよくない状況。


高い堤防から北埠頭めがけてキャストするも、反応なし。

トビも1尾しかついてこない。

先端に移動して北東の風に乗せて洞窟前をめがけ投げる。

反応なーーし。

足元を見るとトビが外に出て行っているのが見えた。

やめだやめ。

早起きして損した気分、読みがはずれちゃいました。



さて、あと5時間後に入港するフェリーに釣り友たちがたくさん乗っています。

毎年この時期ここで一緒に遊べるってのは楽しいもんです。

これからの堤防パトとGT捕獲は彼らに任せて、

私はしばらくゆっくり休みながらぼちぼち釣りを楽しみたいと思います。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:279 最後に更新した日:2019/04/05

search this site.

others

mobile

qrcode