home goods add reg Island gall link blog

「Shore Cast Meeting in 諏訪之瀬島」参加者の皆様へ

イベント開催まで残り少なくなりました。
天候がちょっと気になるところではありますが、
参加者のみなさん、準備の方はよろしいでしょうか?

さて、運営事務局担当の者から最終のご案内メールを皆様にお送りしておりますが、
何名様かメールが送れない方がいらっしゃるようです。
メールがまだ来てない参加者の方はお手数ですが、私の方へご連絡ください。
メールはイベントお問い合わせからどうぞ!


え〜先ほど元浦から戻ってきました。
状況はまったく昨日と一緒で、トビはいるものの瀬のずっと向こう、
ルアーが届く範囲ではありませんでした。

今夜こそはと師匠ウエマイケルより先に堤防に到着し戦闘態勢万全だったのに、
親いないトビ遠い潮悪いで釣れる気配が今夜も無し。

夜も11時、体調もすぐれないので早めに帰ろうと堤防下に降りたところ、
ホーリーさんがガメをキャッチしていた。

「何処でヒットっすか?」と尋ねると「先端だよ」

ん?先端ってことは、さ〜〜元浦大好きっ子のみんなはもうお分かりですよね。
そーーです、そーーなんです(川平慈英の物まねをする博多華丸風)
ガメパーティーの開始です。

先端に移動しキャスト!ホーリーさんはトップで釣ったのでみんなトップ。
さ〜お次は誰だ!!

おおー大物新人磯野キリコ君がヒットー!



お次は・・・あれれまたまホーリーヒット!


民宿やまきのおにーちゃんもヒットー!




オレっもアタリがあったのですが食い込まず、腰が急に痛くなりだしたので
早めに帰宅。

GTは切石が復活してからになりそうです。


追記です

俺が腰痛に耐えかねて帰ったあとも、何やら怪しい気配は続いたらしく、
岐阜のサメ肌ルアーこと大ちゃんがバラクーダを、
そして永遠のライバルうえまつけるがチワワちゃん10kg0オーバーを、
そしてそして、東京都から到着後すぐ浜原荘に収監され仮保釈中の派ヌーちゃんが、
何者かにPE6号を簡単にぶった切られるという事件に遭遇したとうことです。
北東の風がまだ取れず、切石港は荒れている状態なので、
今夜も元浦での勝負となりそうです。





うえまーつける

体調の悪さを押して、ウエマー師匠よりも先に釣るべく、
計画通り9時過ぎ、日没後真っ暗になってから元浦港へ向かいました。

元浦の急坂の道路を下りながら港を見ると、
すでに俺が計画していた港の外、リーフ上に向かってキャストしている人影があるじゃないですか!

完全にやられた!

堤防に到着し先に止まっている車を見ると我が愛車イエローキャブことマイジムニー(ウえまつけるにレンタル中)や、大物スター磯君の車、ホーリーの原チャにみなさん勢ぞろい。

「なんだ考えることみんな一緒かよ」 なんか変な連帯感。

昨夜の切石はまだまだ大荒れでとてもじゃないけど釣りするには危険な状態、うねり濁りもひどくトビなど何もみえなかったので元浦でやるしかないんだが、

※更新してたら役場放送で月曜日出航のフェリーとしま欠航、火曜日出航に決まったらしい。

潮の時間から早い時間が勝負だと考えたのは俺だけじゃなかった。

よく見ると島に滞在しているアングラーはみんないた。

俺の一晩かけた用意周到な作戦は元浦の海に飛び散っていった、じゃんじゃん。


さて、ここからはまじめなお話。

さっそく、元浦港外をスーパーHIDでサーチしてみると、ルアーが届かない距離にかなりの数のトビ発見。
期待できそうな感じ、親も少々飛んでるみたい。

早速、堤防外側にあがりキャスト開始、東風の強風に乗って飛ぶ飛ぶ。
こりゃ釣れるな!と思ったのだが誰ひとりアタリがない。

戻ってくるルアーにも1,2尾しかトビがついてこない。
潮が先端より瀬に向かって横に流れるのも気になる。

1時間ぐらいやったあとまたサーチしてみると、はるか遠くにトビが移動してしまって、
とてもじゃないが届かない。
どうも時間と共に堤防から離れて行っている。
潮はどんどん下がっていくしみんなあきらめ気分でしたが、
ずっと投げ続けたアングラーがかわいいカスミちゃんをポッパーで足元ゲッツのみの終わりました。

「じゃー港の中はどうなの?」
と、言いますとトビはほとんど入っていない。
大雨の雨水の流入もそうないみたいで濁りもまったくない。
おそらく水温もそう下がってないはずだ。

ただ堤防先端延長工事の為に港に接岸係留している大きな作業船が灯りをつけてるので、
港内が明るすぎるし、投げる場所がほとんどない。

これはいつも考えていることなんですが、、延々と一晩中灯りがある状況でいい思いをしたことが一切ないのです。
たとえば港外すぐに避難して停泊してる漁船が灯りをつけたままだとか、
沖に巡視船が停泊してこうこうと明かりをともしているときとか、
港の中でGTが出まくったようないい釣りをした記憶がありません。

島民の方が次から次と港に降りてきて、車のライトで照らすことがよくありますが。
あまり頻繁だとトビも足元まで寄ってこないのではないかと考えてます。
確かにトビウオをすくうために水中灯など点灯した瞬間、近くにいたトビが反応し飛びまくり、
GTが激しく捕食する光景はよく見ますけど、それもトビが最初から堤防近くに寄ってるからであって、
遠くからやってくるわけではないようです。

実際、今年のスタートから毎晩釣れたのは誰もいないことが多く、
ライトもめったにつけたりしなかったので、
切石の低い堤防近くのルアーが簡単に届く範囲にトビが居たからだと思ってます。

今夜も切石のシケは収まりそうにありません。
元浦にかけるしかないのですが、
昨夜と一緒で日没後、早い時間にトビが堤防外のルアーの届く範囲に接岸していたら、
面白くなるのではないかと期待してます。

あ==鼻水がとまりません


大荒れが続いてます。

昨晩からの南東の強風そして大荒れの天気が続いており、切石港は台風前のようなうねりと波が押し寄せております。

その為、本日上りのフェリーとしまは、急きょ西側にある元浦港に接岸を変更したため、
朝からバッタバタでした。

昨夜の切石港には堤防泊まり組が何名かいらっしゃいましたが、強風土砂降りの中での元浦移動はかなり困難で、
車もなければ重量物の荷物も移動できません。

そこで、この時期キャンプ場管理人と勝手に名乗るのウエマー師匠と共に2台の車を使ってタックルやクーラーボックスなどピストン輸送。
※本当のキャンプ場管理人である民宿「御岳」のおっちゃんから、管理人を委託されてるという噂もある。

また、民宿「浜原荘」の名物女将すみこさんの協力も得て民宿の倉庫を休憩所として提供してもらい、
どうにかみなさんをお見送りする準備ができました。

そしてかなり遅れてフェリーが入港。

たくさんのアングラーを乗せて大しけの海へ鹿児島向け出航して行きました。

釣れた人、釣れなかった人、強風と豪雨でへこたれた人、雨ガッパさえ持ってこなかった今話題の「うっちゃん」みなさん、大変お疲れ様でした。

また、さらなるサイズアップ、リベンジ目指して島においで下さい。

さて、イベントも来週に迫ってきて準備も最終段階です。
天候がかなり気になるところではありますが、
事故怪我の無いよう参加者様の安全に十分気を付けて盛り上がって行きたいですね。


雨に濡れたせいか風邪をひいてしまい熱も少しあるようで体調がすぐれません。
私の管理人でもあるウエマー師匠に「顔が疲れてますよ!切石は釣りできそうにないし今夜はゆっくり休んでくださいね」と、
涙がちょちょギレそうなこと言われたので今夜はおとなしく寝ると見せかけて、
あいつより先に釣ってやろうと思います。
大物をゲットするにはまず身内から・・・・これ鉄則です。

おそらく切石は濁りがひどく釣りにならないので元浦にかけるしかないでしょう。
満潮が夜7時過ぎ、少しですがトビが居るような様子なので、
下げ始め1時間あたりが攻めどころかもしれません。
今日の降水量はかなり多いでの元浦へ流れ込む雨の濁りと水温の低下が気になりますが、
恐ろしく潮が入り込むことがある元浦港なので、濁りと低温の雨水が押し出され、
1〜2時間で状況がパッと変わることも十分考えておかなければなりません。

安定の切石と比べるとイリュージョン元浦的なポイントでしょうか?


最後に、今年は夜がかなり寒いです。
例年だと、短パンTシャツでやれる時期ですがここ最近、夜は急に冷え込みます。
昨夜はそれに加え雨、強風でみなさん大変でした。

雨対策はもちろん、寒さ対策と多めの着替えは必要かと思います。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:266 最後に更新した日:2017/06/27

search this site.

others

mobile

qrcode