home goods add reg Island gall link blog

元浦港トビ好調!!

一昨日の夜は体調不良、
昨夜は島の漁祭りで焼酎を飲んだため釣りはほとんどやっておらず画像がありませんが、
元浦港のトビ接岸は相変わらず好調が続き
アオッティーをはじめ、来島するアングラーのほとんどの方がキャッチしている状況です。

こちらは30日の画像

まぁまぁの34kg




早い時間に私と雄輔がキャッチした後、
港内奥のお立ち台前でのボイルへのキャストで3本上がったようです。


昨夜は漁祭りのあと酔いを覚ますために睡眠をとり、12時過ぎに堤防出勤しました。
アオッティーとザキT、そして雄輔君もタイガー様の餌食となり撃沈のために堤防欠勤。
またUZUチームは奄美の秋山君を残してみなさんお帰りになったため、
他にいたのはチェ☆閣下と浜原のちほちゃんと秋山君の3人だけでした。

サーチを早速してみるとトビは先端より真ん中あたりでバシャバシャとしていました。
通常出勤のチェ☆閣下の話では、
先端斜め45度あたりで活性が高くポッパーを投げてアタックしてくるもののフッキングせずということでした。
そしてすでに秋山君が1本キャッチしたとのことでした。

その後潮止まり前後になるとトビはいるものの港内はシーーンと静まり、
明け方4時の干潮前からお立ち台やテトラ前で一気に活性があがりましたが、
ヒットまでは持ち込めずでした。

シーズン前半戦も終わり今日から6月。
そろそろ梅雨にも入ってますます活性上がりそうです。

さて、「梅雨ブギィ」ですがおかげさまで在庫がかなり少なくなっております。
すでにD13proは完売 D7 D10とも在庫なしのカラーが出てきております。
残念ながら今シーズンの製作は終了となっておりますので、
ご注文はお早めにお願いいたします。

うれしいことに例年と違い毎晩キャッチできるような状況が続いていることもあり、
それに合わせキャスト数が増えて筋力低下により思うようなファイトが出来てません。
ちゃんとせんとですね。










元浦港 営業再開!!!

少しづつトビの接岸量が尻すぼみになっていった切石港に代わって、
ここにきて元浦港が完全復活!!
昨晩より5月前半のような賑わいを見せてくれました。

みなさんに出遅れて9時過ぎに堤防出勤。
すでに港内にはトビが入っているようでした。

まずは先端より港内をサーチライトで照らすと、
リーフエッジ付近で大きなトビの群れが逃げ回りGTの捕食も見ることができました。

堤防先端では悪石島より戻ってきたばかりのアオッティーがGTゲーム開始時刻まで、
お決まりのガメハンティング中。

時間と共に港内に入っていくトビの数が増え続け、
たまにリーフ付近、ルアーがまったく届かないくらいのことろでGTのボイルが出始めました。

すると先端内側射程距離内でトビが逃げはじめたところに、
ガメ狙いのアオッティーがポッパーをキャスト!

激しい水しぶきと共にポッパーを食ってくれました。


いよいよゲーム開始かと思われましたが大量のトビはリーフ側に張り付いたままで、
なかなか射程距離内にまで来てくれません。

そしてしばらくすると堤防中央付近でHITの声。
走ってサポートに向かうと、なんと新名先生がファイト中でした。


久しぶりの堤防GTですが慌てることなど全くなく楽しんでいる感じです。
サックっと寄せてネットイン。
梅雨ブギィ D7チャート でした。





しばらくアタリのない時間が過ぎましたが、
再び中央付近でヒットの声が!
急いで現場へ急行すると先ほど釣ったばかりの新名先生が本日2本目をヒット!


最初のヒットから休憩をはさんでまたすぐヒットさせるとは・・・・さすがですね。


この時間帯は堤防中央よりテトラ前付近が高活性だったのですが、
トビすくい隊とアングラーで人が多かったため、
私と雄輔君は先端手前でキャストをしてました。

相変わらず遠くのリーフ際ではGTのボイルがでるのですが、
まったくルアー届かずアタリさえありません。

そこへ先に2本キャッチしていた新名先生が私たちの様子を見にきました。
なかなか昼間は忙しくてゆっくり話しをする暇がなかったので、
キャストをやめて最近の釣りの話やら来年に向けて新しい梅雨ブギィの製作の話などしばらく立ち話をさせていただきました。

10分ほど話こんでいたとき、ドッパーーーンと目の前で大きなGTの捕食がおきました。
会話中だったのいうこともあって投げるか一瞬悩んだのですが、
喰ってくれればいいかなぁ〜〜ぐらいな気持ちで話をしながら軽くキャスト!

いつもの3秒待ってチョンとアクションしてステイ。
ジャ=========っ!
ドラグが勢いよくでて行きヒット確定。

ファーストランで最近にはないラインが放出されたので
4分の1回転だけドラグを締めランを止めにかかりましたが、
簡単には止まってくれません。

そこでロッドを大きく立てプレッシャーを与え続けようやく止まってくれました。
新名先生の真横でヒットさせたので、
下手なファイトは見せられないと思ったのですが、
日頃からの疲労が積み重なって筋力が残ってません。
ここは焦らず確実にキャッチするために、
うまく腕を休ませ筋力を維持させながら寄せることに徹しました。

最後は堤防真下の張り付きもうまくこなして魚が浮上!
運よく今シーズン最大の44kgをキャッチすることができました。



しばらくして中央からテトラ寄りでブッコミ中の松岡氏にヒット!
今話題のナイロンラインでの挑戦中。
ナイロンラインならではのファイトでじわじわと魚を寄せました。


35kgです
新名先生の解説付きファイトシーンは大変勉強になり感動しました。

時刻は3時すぎ、
まだまだテトラ寄りのポイントでは活性が高い状況が続いていました。
そこに粘って投げ続けた伊東さんにヒット!


これも30kgオーバー

この日キャッチされたGT殆どが30kg越え
今まで釣れていた20kg台の群れが大きく入れ替わったようですね。
更なるサイズアップに期待です!

工場長、ただ今トビウオ休暇中

早い時間から切石港には多くのアングラーやトビすくいの方々が集まり、
今までにないにぎやかな堤防となりました。
最近同様、ボチボチとトビが港内に入ってくるものの、
GTの活性が上がるほどの接岸はなく、
前半はまったりと過ごす時間が続きました。

11時頃 フェリー接岸の低い堤防前にトビが追われる状況が起こり
数名のアングラーが一斉にキャストを始めると
森島工場長が一瞬のチャンスを見逃さずキャッチとなりました。


ルアーは工場長が作り上げた梅雨ブギィD7 トビウオカラー(サイン入り)!!!

脳天フッキングだったためfファイトに多少の時間がかかりましたが、みんなの応援の中落ち着いてネットイン。
計測はしませんでしたが28kg前後ではないかと。


このあと、アタリやヒットがポツポツとあるもののキャッチまでは至らずという結果でした。

明け方前の元浦ではトビがわいたようなので今夜は要チェックかもしれませんね。



本日の上り便フェリーで長期滞在の竹内さん、片山さん、ジャンボえなり君の3名、またワンナイトの工場長がお帰りになり、代わって今話題のアオッティーが証拠にもなくまた諏訪之瀬に戻って来ました。

さて、今夜あたりトビウオわんさか来ないかなぁ〜〜〜〜


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:265 最後に更新した日:2017/06/24

search this site.

others

mobile

qrcode