home goods add reg Island gall link blog

トビはいるけどイマイチ活性も上がらず

昨夜の元浦港はトビの接岸は多かったものの、
GTの活性が一昨日までと変わって低くGTの口を使わせるのにかなり苦労しました。


前日までと同じく9時を回ったころより堤防先端近くのリーフあたりでトビの群れが集まり始めました。
さっそくトップで攻めてみたのですが、まったく反応しません。
ルアーが届く範囲内にトビが寄ってくれなかったのも一つの原因なのかもしれませんが、
イレギュラーなバイトさえない状態が続きました。

時間と共にトビの数はどんどん増え、
一段低いところでトビすくいをやっていたチーム浜原の水中灯が点灯すると
バッシャバッシャとすごい数のトビが狂ったように押し寄せてアッという間にクーラー満タン。

いつもなら水中灯をつけた瞬間に
トビが興奮して水面から飛び出しGTの捕食が何発も見られるのが当たり前なのですが、
この日はまったくGTが飛び出さずやる気ゼロでした。

11時ごろになると水深の浅いテトラ前までトビが接岸したまにGTに追われてざわつくトビの群れが現れました。

ここで堤防先端をあきらめて港内奥へ移動。
GTの派手な捕食はないものの、
すぐ足元で夜光虫が大きく光り、
GTが回遊してきているのがわかりました。

とりあえずここでもトップから攻めてみますがここでもぜんぜん反応してくれません。

そこで梅雨ブギィD7にチェンジし根がかり覚悟で足元ボトムギリギリを超スローで攻めてみました。
するとすぐガツンとアタリがありましたがフッキングせず、
さらにドラグをゆるゆるにし再度同じコースを底ギリギリにトレースします。
ゴツゴツと重たいアタリがありドラグがジャーーーと出て行きました。
「お〜〜〜やっと口使いやがった!」
慎重にロッドを立てドラグをいつもの設定値に戻してからファイト開始です。



はやり20kgぐらいでしたが作戦勝ちのウレシイ1本となりました。

そしてそのあとすぐに横で私の釣り方を見ていた雄輔君がブギィエギング釣法でヒット!


これはなかなかのサイズっぽいです。



出ました!梅雨ハーモニカヒット!



実測で35kg  今シーズン最大をキャッチ。
ファイトもだんだん慣れてきましたね。

その後、ヒットパターンを掴んだのはいいがまったく口を使ってくれません。

そこにチビタカ先生がナイロンLDで登場!
先ほどすくったトビをちょい投げると5分もしないうちにヒット。
こういう状況ではやはり生エサは強いです。



まったく焦ることもなく7分ちょいでランディングはさすがです。
このあともチビタカベイトの独壇場となりギャラリー気分で楽しみました。

夜中1時をまわったところでトビが出て行きはじめたのでここでゲームセット。


それではおやすみなさい・・・・ブログ書くのも限界です






calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:254 最後に更新した日:2017/05/24

search this site.

others

mobile

qrcode