home goods add reg Island gall link blog

ウエマー師匠の言う通り最初はデカイぞ!

長らくお休みしていたブログをそろそろ再開致します。

まずは
このたびの熊本地震により、
被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに
早く復旧復興ができますように心よりお祈り申し上げます。


さて、まだまだタケノコの収穫出荷作業がおわらないうちにトビの接岸情報が入り、
昨夜から堤防パトロールを開始いたしました。

とは言え、潮があまりよくないことから、
いつものナイトゲーム開始時刻の夜9時にひとまず元浦港切石港をチェック。
どちらの港とも先端外側にちらほらと見える程度でとても接岸したといえる状況ではありませんでした。

そこで一旦自宅にもどり待機!
眠気をこらえて夜中の12時再度チェックをすることにしました。

今夜の相棒でもある島の釣りとものザキTとまずは元浦に到着しサーチしてみると、
先端横のリーフにまとまったトビの群れがライトに反応して飛び出しました。

上げ潮でいよいよトビが入って来ると確信。
さっそくトビのいる方向に向かって梅雨をキャストするも全くアタリもなし。
南風の影響もあってかどうもトビのいるところまでルアーが届いていないようでした。

ダラダラとキャストしながら港内の様子をうかがっていると少し港内奥の方へとトビが移動し、
あのデンジャラスお立ち台からどうにか届きそうだったのでお立ち台に移動。



ここが元浦お立ち台!目の前は絶壁、水深浅く、リーフは目の前。
ちょっとでも気を抜いたら大物は取れません。

さて数回キャストするものの、コツっというGT特有の前アタリが一度あっただけでヒットはせず、
そうこうしてるうちにトビはまた先端横リーフに移動してしまいました。

こちらも再度先端へ移動してキャストしますが、先ほどより横風が強くなりまったくルアーが届きません。
たまにサーチライトで照らしても本番とは言えないほどのトビが飛びGTのボイルもたまに1度あるぐらいで、
活性も低いようでした。

夜中も3時近く上げ潮止まりの時間が近づき半ばあきらめて今夜は帰ろうとしましたが、
最後にもう一度だけお立ち台で投げて帰ることにしました。

到着するとピチャピチャとトビが跳ねる音が聞こえてきて何やらいい感じです。
横で早速ザキTがキャスト・・・・・そしてルアー回収に入ろうとした瞬間に
夜光虫がパっっと光りバシャーーと魚が跳ねる音
そして2度目のバシャーで足元まで回収したルアーにヒットしました。

あげてみるとなかなかのサイズのガメ子さん。



写真とリリースをすませて私がキャスト!

着水3秒ステイでハンドルをゆっくり1回転しまたステイ ・・・・ゴツゴツゴツ  
間違いなくGTのアタリだがのってこない。
さらに1回転でハンドル止めようかとした瞬間にゴツンガガアァーーー〜〜〜〜(^^♪
やっとGTが喰ってくれた。

「シーズン最初のGTはデカイやつがキットクル〜〜から注意してくださいよ!」
と、前日にウエマー師匠からありがたいメールでのご指導をいただいていたので、
今回は少しだけドラグを気持ち低めに設定してラインが飛ぶのを防いだつもりだったのだが、
出るわ出るわ・・・まったくスプール止まらず半回転ドラグを絞めて通常設定値に戻すもぉ〜〜〜〜止まらん。
得意のハンドドラグも追加で50m以上ラインを出して最初のランを抑えた!というか止まってくれた。
いつもの調子でガチンコドラグだったらきっとライン飛ばしてただろうな〜〜〜
師匠サンクス!(私はあまり学習することをしないようです)

さぁ〜〜ここから反撃開始といいたいところだったが、
前日まで頑張ってきたタケノコ収穫祭のおかげで体力筋力があまりなく、
へなちょこファイトになってしまった。
魚の引きが止まるたびにいつものショートポンプをさらにショートに切り替え、
じわりじわりと寄せ続ける作戦にしたことで、
どうにかこうにか指導権をヤツに渡さずにネットインできた。

梅雨は下アゴ胸ビレ付近にざっくりとささり身も切れていたためリリースをあきらめてキープすることにしました。


ロッド   RunnerExceed 100 SXH TEST NO.2 Nano

リール   引退マジかなソルチガZ6000

ライン   バリバス アバニGT SMP 8号 

リーダー  バリバス 220lb

ルアー   梅雨ブギィ トビウオD7

自宅に戻りデジタル体重計にて計測   41.6kgとシーズン初ものにしてはナイスGTでした。


さらにゲームを続ける余裕がなかったので今夜はこれで撤収。
持ち帰ったGTは民宿「ヤマキ」のご主人が喜んで頂いてくださいました。



今夜から風が強まり天候もくずれるようで「フェリーとしま」は欠航が決まりました。
昨年は悪天候にずっと悩まされ続けましたので、今年はおだやかなシーズンになればいいですね!


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2016/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode