home goods add reg Island gall link blog

今夜もブギィ バック♪

みなさんのリクエストにお応えして一曲!


切石港に飛びまくるトビウオ 僕をそっとつつむようなトビ臭♪

ブギィ キャスト!シェイク、フックアップ♪

ヱビス様がくれた つらいつらい根ずれ&ブレイク♪

日が暮れるのを待たずに ナイトゲームの釣りのはじまり♪


ロッドで梅雨をドカーッと投げて キターと叫んでドカドカ巻いて♪

オイラのヒザ プラスもーキツイ♪

リールを一気に 巻き取り

疲れてみんなに セイ ハロー

HEAD and ON TO THE BREAK LINE

てな具合に ええ釣りたいッスねー

いいっすね イェーッ!! なんてねーっ

釣りたいコレ?コレ釣りたい?

釣り釣り釣り釣り釣りたくなーい?



釣りたいに決まってるだろ〜〜。

またまた下らんことを考えながら先ほど帰ってきました。

歌詞の中にあるように、今夜は7時半には出勤。

まだ真っ暗でなかったためトビの気配はわからず、

タックルの準備をしながら暗くなるのを待つ。

8時を回ったころから、仕掛けてあった網にトビが刺さりだし、

今夜も楽しそうな予感がした。

網があるために高い堤防の中央付近でキャストを開始。

そして今夜も2投目・・・・・強いガツン!の前あたりのあとすぐドラグが走り出した。

高い堤防からだと危険がいっぱーいなので少しドラグを少し締めこむが止まらない。

これもデカい!30kg以上は確実と確信してるとやっと最初のランが止まった。

さぁ〜〜今日も回収し始めると右にじわじわと魚が移動しさらにラインも出る。

やっべーーっと思ってるうちに堤防に張り付きリーダーこすれる。

今から先端に向かって移動はできない、先端内側の角で切られるだけだ!

このやろーーーとロッド真横に引き込むがヘッドシェイクで抵抗してこっちを向いてくれない。

なんとかしのいで堤防から少し離れた瞬間、ガリガリブチーーーっ!

堤防下の根でブレイクしちまったぁ〜〜。

あ==あと少しライン回収しておけば楽勝だったのに。

もしくは早めに堤防の先端に行くべきだったのか。。あ〜〜またまた反省。


その後、時間とともにトビの数と活性もあがりところどころでトビが逃げる音がする。

今夜は私と仲のいい島民が水中灯をたいてトビをすくいに来ていたのだが、

トビ網付近で水中灯を点灯した瞬間、目の前のあちらこちらでGTがバッシャーーーン!

同時に10発ほど出まくる!おーーーーパラダイス。

もちろんすぐキャスト!

こういう場合は梅雨を沈めず、水面下をできるだけスローでリーリングしてちょっと止める。

ゴツゴツと2回ほどGTが甘噛みいしてくるも完全に乗らない。

3度目のあたりぐらいでやっとドラグが走る。

あ〜〜今日も鯵汁だよ!お母さん、それもキューサイの鯵汁だよ!


おおーーコイツも、けっこうデカいかもしれない!30〜40mほど出されたところで止まるが、

ヘッドシェイクがやけに重たい感触がする。


さっきのブレイクの後だったので腕の筋力が思ったように回復しておらずもたもたしてしまい。

堤防下のロープにラインが絡まってしまい、どうすることもできなくなった。

たまたますぐ漁師さんが船で出てきたので、ラインを外し魚を回収していただいた。



重くて持てない 実測37.8kg



梅雨を飲み込んじゃってます。



とりあえず鯵汁はあびておきました。

残念なことに魚はリリースできそうになかったため、クーラーを取に帰り氷詰めして保存しました。



しかし今夜はここからがドラマの始まり。


毎晩、堤防に見物に来て写真を撮って頂いたり落とし網入れてくれたりしていただいたKさんは、
実はルアーが大好きな方で、
今夜はやる気を出して、梅雨ブギィを買っていただきました。

もちろんGTなどは初心者でしたのでタックルも不安だらけ。

とてもじゃないが獲れる道具ではなかったので、私が持ってる11fnロッドをレンタルいたしました。

先ほど釣ったGTの処理で車で走り回ってると、トビすくいをしていた島民の方から携帯に電話。

「杉田さん、あの人なんか釣ってるんだけど!」

「ええまじっすか!わかりましたすぐ行きます!」

堤防までダッシュで戻ると、座り込んでロッドを抱え必死に耐えているKさんがいました。

私はすぐKさんに「とりあえず立ちましょう、ファイトできる体制作りましょう」

と、話すとKさんは立ち上がりファイトを始めた。

ポンピングの仕方タイミング、リールの巻き方を横ではなしながら必死に応援!

あまりにもうらやましかったので、

「kさん、どうっすか、楽しいっすか?ドキドキしてるっすか?」

と真剣に聞いたら、ほとんど答えてもらえずショックでした・

っていうか、生涯初めてのGTなのに答える人もいないわけでして。

リールが8000番、ラインが6号だったため、あわてず着実にライン回収を言い聞かせ、

じわじわと魚を寄せていただきました。

そうですね〜〜20分ぐらいファイトしたでしょうか、やっと光る魚体が浮かび、

人生初のGTをゲットいたしました。

記念すべき1本がコレ







実測32.6kgだったかなぁ〜〜

人生初が30kgオーバーとかありえますか・・・いや〜ほんとよかったよかった。


しばらく初ヒットの余韻にみんなで浸っていたところ、目の前でトビがわさわさ、

「話てる場合じゃないっすよ、ほら投げなきゃ。」


しばらくするとまたまたKさんの8000番のリールが悲鳴を上げている。


「ええ〜〜〜またかけたの?」

「はい、ゴツっとあたりがきたあと、持っていきました」

ファイトも先ほどと比べ物にならないぐらい余裕なファイト!

ん〜〜センスあるんじゃねーーー!

あわてずじわじわ魚を寄せ無事ランディング成功!



実測23kg


Kさん、さぞかし忘れられない夜になったでしょう。

一緒に楽しめて今夜は最高に楽しかったです。

焼酎も進みます。。。。ではおやすみなさい。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:254 最後に更新した日:2017/05/24

search this site.

others

mobile

qrcode