home goods add reg Island gall link blog

久しぶりの雨に打ちのめされました

本日のフェリーで岩崎さん、エウラー船長がお帰りになり、
釣り人はキャンプ場のみとなりました。
そして午後からは南風丸伊東船長のご厚意により沖に出撃。
潮がまったく動かず、小さいシビとシイラのみでしたが、
じゅうぶん楽しませて頂きました。
船長、お疲れのおころ有難うございました。

というわけで、ほとんど寝てません。
昨夜の釣果の結果は簡単に行きますのでご了承を。


トビは港内たっぷりですが、ルアー射程距離になかなか寄らず苦戦。
11時ごろより雨となり同時にいつもの東の強風が吹きだしなかなかヒットに持ち込めずでした。

9時過ぎにはガメのアタリが増えだす


スタートはアオッティーの復活祭りから




エウラー船長も参戦


またまたアオッティーです


最後はテトラ前で雄輔君



全体的にトビは十分なほど港内に入っているものの、ルアーの射程距離内になかなか近づかず、
夜中より雨模様になり風も噴き出したことからは3時ごろゲーム終了でした。



※絶好調だったアオッティーを一言で表すと
 
「OH!BIG ONE! BIG ONE! スティーブ!カモーーン!スティーーブ!スティーーブ!」
 「バキ バキッ!」
 



キャストも限界、体力も限界、オーーマーーガーーッ!

昨夜は不運なことに北寄りの10m近い強風の向かい風が吹き、
キャストが困難な状況下でのゲームとなりました。

9時過ぎにはメンバーがすべて堤防に集合。
まずはサーチでチェックするとはるか遠くにトビの群れが見える程度で、
港内にはほとんど入っていません。

あまりにも強風のためにみなキャストをすることもなく、
トビが射程圏内に寄ってくれるのを雑談などしながら出動待機となりました。

11時ごろになってやっと堤防先端方向にトビの群れが寄って来たものの、
強風のためルアーも届かず、沈まず攻めきれません。

そんな中先端角でキャストしていた岩崎さんにHIT!

梅雨ブギィをピックアップ寸前の足元でのヒットだったようです。
大きなうねりが押し寄せるなか無事にネットイン。


しばらくして先端方向に寄って来たトビに向かって投げていた雄輔君にHITです。


向かい風に強いヘビーウエイト&細身シルエットのべベルスイマーが大活躍ですね。


ルアーが脳天に突き刺さりキツイファイトでした。


私も雄輔にならってべベルで風に向かってフルキャスト


足元近くまで寄せてきたところにひったくっていきました。


トビは相変わらず先端付近に寄ったり離れたりを繰り返していました。

さらにチャンスをうかがっていると、
先端外側の角前で夜光虫の大きな光が2回ほどボワーーーーーっと光ったので
べベルを叩き込んで巻いてくるとガツンと喰ってくれました。

2本連続でのヒットですがなかなかサイズUPしません。





2時半を回るころよりやっと港内にトビの姿が見られるようになると
みんなフォローの強風に乗せて港内に向けてキャストを開始。

そして梅雨ブギィをパックリ、岩崎さんに2本目のヒット



竹内君も梅雨ブギィでヒット


なかなかいいサイズでした。

一昨日と違ってシンキングミノーへの反応が良かったですね

その後なかなかヒットに持ち込めず夜が明けようとしていたころ
この日アタリがなかったエウラー船長にタイムリミット前のHITが!




朝焼けをバックにいい画像ですね


みなさんこの日もよく最後まで投げ切り合計8本キャッチとなりました。
寝不足と疲労でテンション低めのゲームでしたが、
事故もなく無事にゲームセットでめでたし。


3晩続いて吹いた強風も今夜あたり少し収まりそうなのでまた忙しくなるかもです。


※アオッティーは..,,ん〜〜〜〜〜派手に頑張ってましたが、結果は地味でした。(ポロリ&ブレイク連発)


切石港爆釣9名全員ヒット!!

昨夜は前日と変わらず東からの爆風が吹く中、
運よく大量のトビウオが港内に押し寄せたため、
みなさんフォローの風を味方にして全員ヒット、合計13本キャッチという結果でした。

朝より島のネット回線が不通となり更新作業ができないため、
チェ☆閣下軍専用回線をお借りいたしまして、画像のみの手短更新です。


最初のヒットは9時半、港内中央でまさかのザキTにヒット!


続いて竹内君にヒット!


エウラー船長も先端45度でヒット!


時間とともにトビが港内や先端付近に集まり出し、どこでもヒットしそうな状況になってきました。
東の暴風でうねりも大きいなか、フォローの風に乗せて発射したポッパーなどに反応がよかったです。

前日までギンガメハンターだったガメッティーも今夜はGTゲームに参戦。
ヒットに持ち込み足元まで慣れたファイトで寄せたのですが
最後のラインディングのところでポロリ。
大きなうねりの中のランディングはかなり難しかったです。


その後も高活性が続きます。
中央で梅雨D13proを投げ続けていた常連の岩崎さん8年越しのHITです!


そしてすぐ先端45度で片山さんにHIT!
初GTにしてはいいファイトしてますね


実測30kg、おめでとうございます


やっと私のポッパーに来ました!


えなり君にも待望のHIT!


島の雄輔君も梅雨ブギィで我慢のボトム攻撃で仕留めました


12時を回ってもまだまだ止まりません

前日、強風に向かって戦いを挑み撃沈した堤防先端にリベンジとなるべベルスイマーを叩き込み
狙い通りにヒットに持ち込めました。
昨夜の様な強烈な横風でもテンションをしっかり感じることができ、
イメージ通りに沈めてスローで食わせました。
連日の釣りで体がボロボロだったのでファイトも時間かかりご迷惑おかけしました。すんません


実測で32kg  



続いてすぐエウラー船長に本日3本目となるHIT!


竹内君もおかわりHIT !


最後はえなり君の2本目で終了!
時刻は朝の4時前です。



東の強風下の中、朝4時半まで投げ切った仲間達。
皆さんのおかげで事故等などなく合計13本をキャッチ&リリースできました。

疲労困憊の中、記念撮影
先に帰ってしまったザキTと雄輔君はいませんが、
皆さんと楽しい時間を過ごせたことに感謝です。



※一人だけキャッチまで至らなかったガメ神ことアオッティーはふてくされて記念撮影に参加せず

元浦港より切石港にトビ移動

 チビタカ大騒動のあと元浦のトビは接岸が少なくなり、
港内でGTの活性が上がることもなくなりました。
堤防先端より沖は相変わらずガメの反応がすこぶるいいようなので、
チェ閣下とアオッティーはガメ漁に没頭!
安定のTOPガメアタックで良型ガメを次々と捕獲していました。



ガメのようなGTもキャッチーーーなガメッティ


さて、一昨日は切石港では徐々にトビが増え始めてきたようなので、
元浦先端でガメ捕獲活動に夢中なアオッテーをほっとき
エウラー船長と切石チェックに向かいました。

9時過ぎには乙女の洞窟前リーフ際でGTに追われる姿も時々見られるようになり
そのうちに北ふ頭お立ち台前までトビが一瞬入ってきました。

急いでキャストすると着水直後にHIT!


脳天2点フッキングだったおかげで、このサイズにしてのされて焦りましたがこらえてキャッチ成功。
そのあとすぐエウラー船長にもHIT!




こちらもほっぺと胸ヒレの2点フッキングでバタバタしちゃいましたがキャッチ!

二人仲良く同じようなサイズでした。


その後、港内よりトビが消えていきこの日はゲーム終了!


昨夜は9時ごろより切石港堤防先端遠いところに恐ろしい数のトビが集まりましたが、
東からの強烈な横風によりルアーをキャストするもまったく届かず、
沈めても横にスライドしながらラインが膨らみまったくゲームになりませんでした。

私はここぞとべベルスイマーをチョイスし、なんとテンションフォール40秒カウント。
根がかり覚悟で我慢のボトム攻めを決行しました。

今まで何を投げても沈めてもテンション感じませんでしたが、
べベルの40秒でやっとラインのハリを感じることができフォール後の1巻き目、
ギュイーーーーーんとひったくっていくやつ登場!
強めのドラグ設定にもかかわらず全く止まる気配がありません。
あと4分の1だけドラグを締め込み、ハンドドラグでさらに負荷をかけた瞬間に、
パーーーーンとスプールスライドでライン飛ばしてしまいました。
かなりデカかっただけにショックもショックです。
40kgは軽くかったかも?

12時をまわりトビは相変わらず先端沖に大集結するもルアーを叩き込むことが出来ずヒットにもちこめません。
時間と共に港に入るのでは?と期待しましたが、なかなか入らず、
アタリさえない状況が続きました・

みなさんあきらめ気味だった3時すぎ、
堤防中央付近から港内中央にキャストしていた原口さんに待望のヒット!
GT挑戦3年目ということもあって落ち着いてファイトができていました。


実測25kg  なかなかのサイズでした。

その後もトビは先端沖にたまっていましたが、
吹き続ける強風に負けてみなさん撤収となりました。



チビタカ、慣れた大物との戦いで初めてチ〇コ痛いと漏らす!

みなさんご存知かと思いますが、
チビタカがとうとうやらかしてくれました。
そのお話はまたのちほど。


さて、昨日入港のフェリーでホーリー漁労長、レジェンド松岡氏、エウラー船長、3年寝太郎君の4名がが上陸。
早い時間よりにぎやかな堤防となりました。

9時過ぎにはホーリー漁労長がGTを揚げたとチビタカより入電があり、
軽トラを飛ばして元浦港先端に急行すると、
レジェンド松岡氏が何かとファイト中。
しかしファイトというよりごみでもひっかけたかのようなロッドの動きをしていたので、
見守っていると、なんとブッコンだトビウオにデカいアオリが抱き着いて上がってきた。
タモ網を借りて慎重にすくってみるとあらビックリ。

かごに入れて体重計で量ると5kg!!
トカラらしいでかアオリにいきなり遭遇してしまいました。


まだ時間が早いせいか、港内に入っていくトビの気配は全然なく、
ホーリー漁労長をはじめ数名のアングラーは堤防先端の一番高いところでキャスティングを続けていました。

しばらくしてヒット!の声が・・・
はしごを駆け上がってみると早くも本日2本目のGTを漁労長がヒット!



ルアーはもちろん、僕らの定番ポッパー 「ビギン」です。

今まで堤防の外側を攻めることがなかったので意外でした。

その後、同じ場所で!磯貝さんにもヒット!


キャッチされた3本ともやはり似たような20kgサイズでした。

満潮を迎えトビがちょこちょこと港内に入ってきているものの、
昨夜同様で活性があがることがなく先端内側ではヒットの前兆すらありませんが、
堤防外側ではガメがヒットしたりと相変わらず反応がいいようでした。

そして、突然その時がやってきます。
活性のいい沖に向かってトビをぶち込んでいたチビタカにヒット!
急いでサポートに向かうと、
多くのギャラリーに囲まれナイロンカリポリ中のチビタカ先生の姿がみんなにライトに照らされながらのファイト中。


すぐさまデジカメの動画ボタンを押し撮影開始しました。
しかし、まさか20分近くの長い撮影になるとはこの時は考えもしませんでした。

ん?最近のカリポリ大物ファイトで慣れているチビタカのはずが、
この時はいつもの雰囲気とちょっと違いました。

すでに大物の手ごたえを感じでいたのか焦らずゆっくりとファイトを続けます。
長丁場のファイトでチ〇コが痛いと訴えたチビタカに、
漁労長が自分のパッドをはずしてやさしくチビタカに装着。

30lbラインという無理のできない状態で冷静に対応し、
じわじわと寄せては出されを繰り返しながら、
15分ほどで足元直下まで寄せることに成功。
しかしここから右に左にと最後の抵抗を見せる魚に合わせて、
低い堤防にはしごを使って移動したりまた戻ったりを繰り返して、
とうとうデカイ銀色に光る大きな物体が水面に浮上です。


なんとバカでかいイソマグロがドオッカーーーーーンと現れました。
落としダモよりデカイ魚体でしたがみなさんの協力のもと、
ネットインがスムーズにでき20分近く戦ったゲームも終了!!!


多くを語るより画像でデカさを感じてください。












買ったばかりの新品のタニタ体重計でメタボ犬を計測。
木製の台の重さを引いて

なんと 76.5kg!!





いやいや・・化け物みたいなのが釣れちゃいましたね。

諏訪之瀬島の海はまだまだこんなのがいますね〜〜〜〜今シーズンさらに何かが起こりそうな予感です。

さて、この大騒動のあとすっかり釣る気がぶっ飛んでしまい、私は早めに終了となりました。

今夜からまたがんばります。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:254 最後に更新した日:2017/05/24

search this site.

others

mobile

qrcode